i-smile(アイスマイル)に人気が集まる本当の理由

i-smile(アイスマイル)に人気が集まる本当の理由

1回15分のドラマを見ることで、「ネイティブの言っていることが理解できる」「ネイティブに伝わる発音ができる」ようになれるi-smile(アイスマイル)。これまでいろいろな英語教材が出てきた中で、i-smile(アイスマイル)ほど急激に人気を集めているものはないかもしれません。そのくらい今はもう多数の口コミが寄せられています。

そうした口コミを見ていると、i-smile(アイスマイル)で公開されているメソッドのほかに、i-smile(アイスマイル)が人気を集めている理由がわかってきました。i-smile(アイスマイル)を始めたときのイメージになるので、始めようかどうか悩んでいる人は参考としてくださいね。

理由1・英語嫌いが解消される

理由1・英語嫌いが解消されるのイメージ画像

まず第一の理由は、英語嫌いが解消されることです。これは口コミの中でも本当に多く、「あんなに英語が嫌いだったのに…」と自分自身で驚く人が少なくありません。以下に英語嫌いにありがちな傾向を見つつ、どのように解消されるのか、英語好きになって初めて気づけることについてご紹介していきます。

英語嫌いにありがちな傾向

英語嫌いによくある傾向は2つ。ひとつ目は英語を聞いたときに独特な緊張感が生まれ、その場から逃げたくなるような気持ちになること。もうひとつは違った文法を使っていたら嫌だなと思いやすいことです。i-smile(アイスマイル)はどちらもカバーし、英語嫌いを解消してくれています。

ネイティブに話しかけられても慌てない

もし街中でネイティブに話しかけられ、道案内を頼まれたときにあなたはどのように対応しますか。無視をしますか、一度聞いてからわからないアピールをしますか。英語嫌いによっても力量が異なるので、もしかしたら人によってそれぞれ異なるかもしれません。いずれにしてもあなたの頭の中は、「英語で話しかけられた!何を言っているかわからない!」といっぱいいっぱい。早くその場から離れたい気持ちがあったり、焦りが生まれていることでしょう。

しかしi-smile(アイスマイル)であれば、ドラマとエクササイズによって日常でよく使われるフレーズの正しい発音を身体で覚えることができます。それによってあの嫌な緊張感を覚えずに済むようになるのです。

胸を張って話すことができる

ネイティブと会話をしなければならない、そんなとき聞き取れることはわかったけどなんて話していいかわからない。そんなときも頭の中は真っ白で、やはり誰か助けて!となっているはず。なんとか知っている言葉を話しても首を傾げられてしまい、「ああ、やっぱり英語はダメだ」という経験をした人もいるでしょう。

i-smile(アイスマイル)であれば、アウトプット練習やオンラインの英会話で伝わる英会話力が身につくので、ネイティブもあなたの言葉に深く頷いてくれます。

英語好きになって初めてわかること

英語が嫌いな人が英語を好きになるとき、まるで世界が変わったような感覚になるとみなさんは話しています。まるで頭の中に水を流し込んでいるようにどんどん相手の言葉入ってきて、何を話しているのかがわかる。それによって、これまで知り得なかったネイティブの本当の考えを知ることができると言います。

街中を歩いていて、ひとたびネイティブの会話が耳に飛び込んでくれば必ず新しい発見があるそう。これまで何気なく過ごしてきた日常が刺激的になり、新しいことにどんどん挑戦したくなっている人もいるようですね。

理由2・絶妙なバランス

理由2・絶妙なバランスのイメージ画像

第二の理由は絶妙なバランスです。これはカリキュラム自体、ドラマ、ゲームそれぞれに共通してあることですね。この計算されたバランスを知って、i-smile(アイスマイル)が本当にこだわりを持って作られていることがよくわかりました。3つの要素をそれぞれ詳しく話していきますね。

入力と出力の量

i-smile(アイスマイル)のカリキュラムでは、先ほども言ったようにインプットとアウトプットの練習が組み込まれています。会話ができるようになるためには新しい単語やフレーズを“入力”するだけではなく、自然に“出力”できるようになることが必要不可欠です。

しかしこの入力と出力は、どちらも同じくらいの量でなければうまく相乗効果が生まれません。覚えることが多ければ頭でっかちになり、発音ばかりではバリエーションを増やすことができないものです。そのためi-smile(アイスマイル)は二つのレッスン内容が共倒れしないように、入力と出力の難易度やレッスン時間が均等になっているんですね。このバランスを保つことで、聞く力も話す力もぐんぐん上がっていくようになっているんです。

見せすぎず隠しすぎないドラマ

i-smile(アイスマイル)を話す上で忘れてはいけない、i-smile(アイスマイル)独自のドラマ。プロの業者が制作しているとのことで、やはり質が違いますね。特に展開を見せすぎず隠しすぎずなところが本当に上手です。見せすぎると次回が簡単に予測できてつまらないですし、隠しすぎるとついていけなくなってしまうんですが、ちゃんといい塩梅のところで留めているのがi-smile(アイスマイル)のドラマです。毎回ドラマを全話見ているような人でも高評価するわけですね。

簡単すぎず難しすぎないゲーム

最後の要素はゲーム。これはi-smile(アイスマイル)が復習用として独自に開発されたアプリですが、ちょうどいい難易度で夢中にさせてくれます。ランキングも掲載して、ゲーム好きでも満足のできる内容となっているのではないでしょうか。ときは本当にこれで身につくのかな、とも思うんですがまったくそんなことはありません。気がついたらドラマなどで学んだことをマスターできているので、不安になる必要はないですよ。

まとめ

まとめのイメージ画像

i-smile(アイスマイル)が人気を集める理由は、まだまだ多くのことが残っています。これから英会話教材i-smile(アイスマイル)を始める人はぜひこの記事を参考にしながら始めてみて、ご自身なりのi-smile(アイスマイル)の人気理由を探してみるのもいいでしょう。それはあなただけの独自のノウハウとして、スキルアップに大きく貢献してくれますよ。

i-smile(アイスマイル)の公式サイトへ TOPページを見る