日本語表記が嬉しい、英国製薬会社製ジマトラ

レビトラは3大ED治療薬の一つ、バイアグラに続けて発売が行われた医薬品です。
バイアグラとは異なる有効成分を持ちますが、勃起不全の症状を抑制してくれる、性行為を可能にしてくれるなどの効果を期待出来る医薬品です。
レビトラは特許が切れている関係からもジェネリック医薬品が登場していますが、レビトラのジェネリック医薬品の一つにジマトラがあります。
ジマトラには日本語表記のパッケージもあるので説明書きを読みたい人にもお勧めです。

レビトラの有効成分を使用しているなどからも同じような作用を期待出来るのがジマトラの特徴の一つです。
ジマトラの有効成分はバルデナフィルで水に溶けやすい性質を持つなどからも即効性を期待する男性からの人気を集めています。
ちなみに、ED治療薬はいわゆる勃起薬で、医薬品を服用しただけでは勃起状態にはなりません。
人によってはED治療薬を服用すると、効果が現れると同時に勃起するなどのイメージを持つ人も多いようです。
勃起薬は性的な興奮を受ける事で作用を促すなどの特徴を持っており、レビトラやジェネリック医薬品のジマトラも同等の作用を期待出来るようになるわけです。

同じ有効成分を使っているなどからも、頭痛やめまいなどのレビトラに生じる副作用が現れる事がありますが、気になる副作用が現れた時には使用を中止して専門医への相談が必要です。
一般的には頭痛やほてりなどの副作用が現れる事が多く、お酒を飲んだ時のような状態になると言われています。
ED治療薬での副作用ではバイアグラと同じくらい、大半の男性が頭痛やほてりなどの副作用が現れるなどからも、勃起効果が現れた証などと言われています。
また、レビトラは国内の病院で処方を受ける事は出来ますが、ジェネリック医薬品のジマトラはイギリスの製薬会社が製造販売を行っているもので、日本国内では入手が出来ません。
但し、個人輸入代行を行っている通販サイトを使えば、レビトラよりも価格が安いジマトラの入手が出来ますが、通販サイトを使う場合には信頼出来るお店を選ぶようにしましょう。

日本語パッケージと説明書が分かりやすい

ジマトラはイギリスの製薬会社が製造・販売しているレビトラのジェネリック医薬品です。
パッケージや説明書が日本語で表記されているので扱いやすいという特徴があります。
ジマトラを製造・販売しているイギリスの製薬会社では、他にもバイアグラなどの勃起薬のジェネリック医薬品を製造しています。
ジマトラなどのジェネリック医薬品は日本国内では未承認なので、使用するには個人輸入が必要です。
インターネット上には海外からの医薬品の個人輸入手続を代行する通販サイトが多数存在します。

日本国内で未承認とされている医薬品を輸入・販売することは法律で禁止されています。
一方個人的な使用を目的とする輸入は合法とされており、個人輸入手続の代行も合法です。
通販サイトでは20mgのジマトラが1錠あたり200円から400円ほどで販売されています。
レビトラなどED治療薬は世界的に愛用者が多く、中国などで製造され偽造品も存在します。
海外から個人輸入する場合には信頼出来る通販サイトを選択することが重要です。

バルデナフィルには短時間でペニスを強力に勃起させる効果があります。
空腹時に服用すれば約20分でペニスが勃起し始めますが、副作用を発症しやすいという特徴も存在します。
副作用には軽いめまいや頭痛などがあり、服用した人の9割以上に現れます。
めまいなどが生じても、基本的に数時間経過すれば回復します。
偽造品を服用した場合は症状が思わぬ健康被害が生じる可能性があります。

ジマトラなどジェネリック医薬品は価格が安いのが特徴ですが、極端に安い場合は偽造品の可能性が高いので注意が必要です。
サイトの日本語表記や他の利用者による口コミなどを参考にして、信頼性の高い通販サイトを選ぶことが重要となります。
ジマトラなどジェネリック医薬品にはレビトラと同じバルデナフィルが含まれているので効果も同様です。
信頼出来る通販サイトを利用して個人輸入すれば、少ない費用でEDを治療出来ます。