センチュリオン・ラボラトリーズ社製のビリトラ

ビリトラはインドの製薬会社センチュリオンラボラトリーズが製造販売しているED治療薬で、レビトラのジェネリック医薬品なので格安な価格で購入できます。
ビリトラにはバルデナフィルが20mg含まれているのでバイアグラと比較しても勃起促進の効き目が早いのが特徴です。

ビリトラは服用してから効果が出るまでに15分から30分くらいかかりますが、バイアグラと比較しても食事の影響を受けにくいという利点があります。
ただしビリトラはまだ日本では承認されていない治療薬なので購入するには、個人輸入をするしかありません。
購入できる海外サイトは沢山ありますが、中には悪質なサイトもあるので運営実績が長く信頼できるサイトから個人輸入をしてください。

ビリトラは服用すると効き目は4時間ほど持続するので、じっくりセックスを楽しむことができます。
副作用が気になるという人もいますが、バイアグラなどよりも頭痛が少なく多少の鼻づまりの症状がでるくらいなので、安心して服用できます。
食事やアルコールの影響を受けにくいので食事やお酒を飲んだ後でも服用が可能です。

センチュリオンラボラトリーズは、1995年に設立されたインドの製薬会社で、低位価格で高品質の医薬品を取り扱っています。
製品としてはED治療薬や消毒軟膏、抗菌剤や抗生物質などを扱っていて、東南アジアや東ヨーロッパ、中東やインド亜大陸など世界中に医薬品等の輸出を行っている会社です。

センチュリオンラボラトリーズが取り扱っているビリトラは、レビトラの主成分のバルデナフィルを有効成分としているので、水に溶けやすい性質をもっています。
バルデナフィル20mgを含有しているにもかかわらず、錠剤がかなり小さいのですごく飲みやすいという意見も多いです。

ビリトラは水に溶けやすく即効性があるので、勃起不全の治療としてはかなり効果があります。
ただし脂質の多い物を食べた後は体内への吸収が妨げられてしまい、薬の効果がでにくいので注意が必要です。
1回につきビリトラは20mgまでを上限とし、1錠服用したら次回の服用まで24時間はあけなければいけません。

レビトラのジェネリックなので、同等の効果

EDの症状を治療するために国内のクリニックなどの医療機関に出向いてお医者さんの診察を受けると、ほとんどの場合はバイアグラを処方されて後は経過を見るといった流れになります。
なので、その人に合っている治療を受けることは、あまり期待できません。
しかもバイアグラは非常に値段が高く性交渉の機会がある時に服用するとなると経済的な負担が大きく、いちいちクリニックに出向く手間もかかってしまいます。

そのため経済的な負担や手間をかけることなくEDの治療を継続していくためには個人輸入代行通販サイトを利用してED治療薬を手に入れるのが良い方法の1つです。
個人輸入代行通販サイトにはバイアグラやレビトラなど日本の医療機関でも処方してもらえる医薬品も取り揃えられています。
さらに、お金をかけないようにするためにはバイアグラやレビトラよりも値段が安く効果が同等のジェネリック医薬品を選ぶのがおすすめになります。

中でもビリトラはレビトラのジェネリック医薬品なので主成分であるバルデナフィルがレビトラと同じ分量である20mg配合されているのです。
ですのでED治療薬として身体に与える効果の違いは、ほとんどありません。
ただしビリトラとレビトラの効果が同じであるということは副作用も同じようにあるということになるので注意する必要があります。
まず最初は国内のクリニックで診察を受け、そのときにレビトラを処方してもらいたいことを伝えます。
そうすればお医者さんからレビトラの副作用についてや副作用を出来るだけ抑える方法について詳しい説明を受けた上で処方してもらうことが可能です。
その上でレビトラを服用してみて副作用が性交渉に支障を来たさない程度にしか現れなかったことを確認してからビリトラを個人輸入代行通販サイトで手に入れるのも良い方法になります。