PCを使っている男性
PCを使用している男性
色々な薬
更新履歴

亜鉛や人気の高いペニソールのように、勃起に効果があるとされるサプリメントは多数あります。
その一方で、サプリメントとは違いED治療薬として販売されている薬も重宝されています。
レビトラはドイツの製薬会社によって世界で2番目に開発された勃起不全の治療薬です。
有効成分にはバルデナフィルが含まれており、短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
空腹時に服用すると約20分でペニスが勃起し始めます。
服用後45分ほどで血中濃度が最大になるので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
即効性があるのでめまいなどの副作用が現れやすく、服用した患者の9割以上が発症します。
ただし症状は基本的に軽いため、安全に勃起不全の治療ができます。

食事の影響を受けにくいのが特長

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは食事の影響を受けにくく、服用前に700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば摂取可能です。
牛丼の並盛りであれば問題はありません。
血中濃度が最大になるのは服用から約45分後なので、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用します。
レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、なるべく空腹時に服用すると効果が高まります。
服用前に食事を摂った場合には、2時間ほど間隔を空けるのが一般的です。

レビトラは基本的に水かぬるま湯で服用しますが、少量のアルコールで服用することもできます。
勃起不全はストレスなどとも深い関係があります。
アルコールを摂取すると気分をリラックスさせることができます。
少量のアルコールはレビトラの効果を助けますが、過度に摂取すると酩酊状態を招き性行為を困難にするので注意が必要です。
またレビトラには血管を拡張する効果があり、服用後は酔いやすくなるため飲酒を控えます。

レビトラはバイアグラと同様に即効性があります。
いずれも短時間で強力にペニスを勃起させることができます。
バイアグラは食事の影響を受けやすいED治療薬です。
服用前に食事を摂取すると、効果が半減する場合もあります。
しかしレビトラは食事の影響を受けにくく、エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば問題はありません。
ただし勃起不全の治療薬は食前に服用するのが基本です。
レビトラは食事の影響を受けにくいED治療薬ですが、空腹時に服用することで効果が高まります。

服用前に食事を摂る場合には、なるべく量と脂肪分を少なくすることが重要です。
脂肪分が多いと食後2時間を経過しても、胃や腸に残っている場合があります。
有効成分が脂肪分に取り込まれると便となって排出されます。
レビトラは食事の影響を受けにくいので牛丼の並盛りなどであれば問題なく摂取できますが、空腹時に服用するのが理想的です。
ファーストフードなど脂肪分の多い食事を摂取した場合には、6時間から7時間ほど間隔を置きます。

レビトラは即効性があり、空腹時に服用すれば約20分で効果を実感できます。
また食事の影響を受けにくく、エネルギー量が700kcal以下で脂肪分が30%以下の食事であれば服用前に問題なく摂取できます。
空腹時に服用すれば、効果がさらに高まります。

レビトラのジェネリック薬もたくさんある

レビトラにはインド製の安価なジェネリック医薬品が存在します。
日本国内では特許期間が満了していないためジェネリック医薬品は製造されていませんが、インドでは様々な種類のジェネリック医薬品が製造されていました。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許が認められていません。
製法を変更すれば、同じ有効成分を含むジェネリック医薬品を製造できます。
ただしバルデナフィルを含むジェネリック医薬品は、インドの裁判所によって製造中止が決定されています。

レビトラはドイツの製薬会社によって開発され、2003年に発売されました。
日本でも2004年に承認されています。
インドでは製法特許のみが認められてることから、これまでバルデナフィルを含むジェネリック医薬品の製造が行われていました。
しかしドイツの製薬会社がバルデナフィルを含む製品の製造と販売の中止を求めてインドで訴訟を起こしたところ、2017年1月に製造中止が決定されています。
一方販売中止は認められませんでした。

現在インドではバルデナフィルを含むジェネリック医薬品の製造が行われていません。
インドの裁判所は製造中止を決定したものの販売中止は認めなかったため、在庫品の輸出は続いています。
日本からも通販サイトを利用すればインド製の安価なジェネリック医薬品を個人輸入できます。
インド製のジェネリック医薬品は安価なだけでなく、インド政府から承認を受けて製造されたものなので安全性も優れています。
有効成分はレビトラと同じバルデナフィルで、効果や副作用なども同様です。

レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤があります。
病院で勃起不全を治療する場合には、主に10mgか20mgが使用されます。
5mgは効果が弱く、ピルカッターで10mgや20mgを割って服用することもできるのであまり使用されていません。
1錠あたりの価格は10mgが約1500円で、20mgは約1800円です。
さらに診察料なども必要なため、全部の費用を含めると1錠あたりの価格は約3000円になります。
インド製のジェネリック医薬品は20mgの錠剤が1錠あたり約200円で購入できます。

インド製のジェネリック医薬品は安価で安全性が高いため日本でも人気があります。
2017年1月にインドの裁判所が製造中止を決定したため、現在は製造されておらず在庫品の輸出が続いています。
在庫品がなくなれば販売中止となる予定です。

入手するならネット通販で個人輸入がオススメ

レビトラやジェネリック医薬品は通販サイトで個人輸入できます。
個人輸入を行えば、病院でレビトラを処方してもらう場合と比較して大幅にED治療の費用が下がります。
病院でレビトラの処方を受ける場合の1錠あたりの価格は、10mgが約1500円で20mgが約1800円とされます。
さらに診察料などの費用が必要です。
通販サイトでは10mgと20mgのレビトラを個人輸入できます。
1錠あたりの価格は10mgも20mgも約1400円です。
20mgはまとめ買いすると価格を安くできます。

通販サイトでレビトラの20mgを3箱購入すると、1錠あたりの価格は約1350円になります。
7箱購入した場合には約1300円です。
20mgの錠剤を7箱まとめ買いして、ピルカッターで半分にすれば10mgあたりの価格は約650円になります。
病院でレビトラの処方を受ける場合と比較して、費用を大幅に抑えることができます。
インド製のジェネリック医薬品ならば20mgの錠剤を1錠あたり約200円で購入できるので、さらに費用が下がります。

バルデナフィルを使用して勃起不全を治療するならば、病院で処方してもらうよりもネット通販で個人輸入した方が経済的です。
レビトラは日本国内でも承認されていますが、インド製のジェネリック医薬品は未承認とされています。
インド製ジェネリック医薬品を使用するには個人輸入手続が必要です。
未承認の医薬品の輸入と販売は、基本的に法律で禁止されています。
一方個人的な使用を目的として輸入する場合は合法です。

ネット通販では医薬品を直接的に輸入・販売しているのではなく、個人輸入手続の代行を請け負っています。
個人輸入手続の代行は合法とされているので、安心して注文できます。
本来であれば自分で個人輸入の手続を行なう必要がありますが、ネット通販を利用すれば複雑な手続きを自ら行なう必要がありません。
誰でも簡単に海外から医薬品を個人輸入できます。

レビトラのインド製ジェネリック医薬品は非常に安価です。
病院でレビトラを処方してもらう場合よりも、大幅に少ない費用で勃起不全の治療ができます。
ただし現在は在庫品の輸出が続いていますが、新規の製造は行われていません。
在庫品がなくなれば販売中止となる予定なので、インド製ジェネリック医薬品でED治療を継続したい場合には早めに確保しておく必要があります。

レビトラを通販に興味を持った人はこちらをクリック